Recruitment

ENTRY

自由な裁量、幅広い経験。
いつかは、
顔で勝負できる人材へ。

営業部

2017年 中途入社

有田 俊介

SYUNSUKE ARITA

ワインの卸売会社で営業を経験したのち、ユニバーサルトラストへ。現在、代表の菊田とともに、主に土地の開拓をメインとした営業活動を担当。


  • ワインの世界から不動産の世界へ。
    取引のダイナミックさに魅力を感じた。

    前職は、営業としてワインの卸売をする企業に勤めていまして、その頃から商材の金額規模などから不動産業界への憧れは漠然と持っていました。その後、転職活動をする中でこの会社に決めたのは、億を超える商材のスケールはもちろん、自ら考えて取り組める職場環境と代表の人柄でした。

    入社して驚いたのは、自分がイメージしていた営業職をはるかに超える、裁量の大きさ、そして自由さです。今では多少慣れましたが、入社当時はかなり戸惑ったことを覚えています。もちろん代表をはじめ、フォローしてくれる体制はあります。ただ、その困った時にも自分がどうすべきかと考えることは必要で。今も勉強中ですが、そういった経験を重ねることでかなり鍛えてもらっている実感があります。

  • 物件づくり全体に関わる営業職。
    自分の意見から、すべてが始まる。

    メインとなる業務は、不動産仲介会社への土地の買い入れです。ただ、これだけで済まないのが弊社の営業職。土地の売買が成功したあとも、その土地にどんな建築が可能なのか、そして物件のデザインや仕様をどうしていくのか。さらには、どこの建築会社に依頼するかまで担当していきます。土地の仕入れだけでなく、物件づくり全体にも関わるのが大きな特徴だと思います。

    この一連の流れにおいても、まず重要なのは自分で考えること。極端に言えば、どこに営業をかけるのか、というところから任されますので。もちろん、各フェーズで代表や自社の設計部、外部の方々のさまざまな意見を取り入れながら進めていくのですが、自分から意見を発信することが求められます。だからこその責任や苦労もありますが、自分の仕事が地図に載ったり、そこで住む人の暮らしに関わっていると考えると、非常にやりがいを感じます。

  • もっと多くの物件を世に出すために。
    求められる人材になるために。

    現在担当している物件も着々と工事が進み、現場に確認にいくたびに、一棟の建物が完成していく喜びを感じています。今後はもっと多くの物件に関わりたい。そして世に出していきたいと考えています。

    その先には、業界で求められる人材になりたいなと。今はできることとして、まず人脈を作ろうと、取引先へ会社の資料だけでなく自分自身の営業資料も持って行っているんです(笑)。まず機会をつくる、というのが私の考え。機会がなければ、その先の可能性も消えてしまうと思うんです。何かのときに、ふと顔を思い出してもらえるように。そのために、まだまだこれからも考えて、アクションし続けたいと思います。

One Day
Schedule

ある1日のスケジュール

09:30 出社。取引先やプロジェクトの進捗に関するメールをチェック。
11:00 進行中のプロジェクトの状況を関係部署と共有、進捗報告や相談も。
12:00 お昼。外回りの前に、大好きなお肉でエネルギーを補給。
13:00 外回りに出発。まずはアポをもらった取引先との商談。
15:00 空き時間を使って、近場の営業先へあいさつへ。そのエリアならではの情報収集も兼ねて。
16:00 土地のリサーチ。現場に向かい、ときにはその足で区役所へ法令関係の確認へ。
17:30 帰社。日報作成。進捗のあった案件の調整、各所への連絡など。
19:30 退社。代表や社内のメンバーたちと飲みに行くこともしばしば。

応募者へ一言

社内のメンバーにも多いのですが、何事も楽しむ意識を持てる方は弊社にあっていると思います。また、営業は負けることの多い職業でもありますから、その点でもポジティブなスタンスを持っている方に来ていただければうれしいです。