愛するペットと心地よく暮らす!「ペット可物件」

■ペット可物件はペットと人間が一緒に暮らせる憩いの場

ペットと暮らす毎日は、なにものにも代えがたい特別な癒しの時間です。中には、ペット不可物件やペット相談物件で許可を得ずにペットを飼っている人もいるかもしれませんが、こうした行為は、いつ規約違反を理由に退去を命じられてもおかしくない状況です。ペットと楽しい毎日を安心して過ごすためには、やはりペット可物件で了承を得た上で飼うようにしたいものです。

ペット可物件であれば、人目を忍ぶ必要もなく、のびのびとペットとの生活を楽しむことができます。同じ物件に住む人の中で、ペットコミュニティができる可能性もあり、ペットのお友達を見つけられたり、近隣のおすすめお散歩コースなどを情報交換できたりすることもあります。人とペットの双方が気持ちよく暮らすためのペット可物件の探し方やおすすめポイントを見てみましょう。

■ペット可物件の選び方

ペット可物件を選ぶときは、最初に床材や壁材がペットに適しているかどうか、階段やエレベーター内の移動はどうすればよいのか、ペットだけでなく自分も暮らしやすいと思える物件かどうかなど確認するようにしましょう。

次に、近隣の環境を確かめます。動物病院が遠いと、いちいちタクシーなどを利用しなければいけなくなる場合もあり、大変です。病院や散歩コースに適した公園、フードを買える場所など、問題なく快適な暮らしを送れるかどうかチェックする必要があります。また、家の近所だけでなく、共有部分の使い方など、物件のルールについて確認も重要です。

また、ペットの条件について確認する必要があります。「ペット可」としていても、どのようなペットでもよいというわけではないケースも多く見られます。「1匹のみ」、「中型犬まで」「猫不可」など、様々な条件がありますから、自分の希望と合致しているかどうか確認しましょう。

このとき、現在の状況だけでなく、将来的な希望とも一致しているかどうか考えておく必要があります。「いつかお友達を作ってあげたい」「子供を産ませたい」などと考えている場合は、それに適応できる家を探さなければいけません。

住まいは、一度契約をして引っ越しをしてしまったら、気軽には移動することができません。特にペットにとっては、何度も環境を変わることはストレスにもなってしまいます。最初から居心地よく暮らせる住まいに入居できるよう、慎重に探しましょう。

■高円寺でペットと住むということ

ペット可物件には、「古い物件に付加価値をつけるためにペット可としている」物件と、「最初からペット可物件として作られている」物件があり、前者の場合は、「ペット応相談」などとなっている場合もあります。途中からペット応相談物件に変更していることで、既存入居者とトラブルにならないよう配慮が必要です。ペット可物件に住むのであれば、「仕方なくペット可にしている」物件ではなく、「人とペットの共生を考えて作られているはじめからペット可の物件」に住むことをおすすめします。

SOU高円寺は、ペットと人の共生のために作られたデザイナーズマンションです。床や壁には撥水加工を施し、ペットが暮らしやすい環境を整えました。RC造で遮音性に優れているだけでなく、防音室を完備した2DKなどもあるため、ペットと共に趣味を楽しみたい人にもおすすめです。

高円寺には、北側にも南側にも動物病院があるほか、犬が散歩できる公園や、ペット用品の専門店などもあり、ペットと暮らす上で必要な施設が整っています。SOU高円寺で、愛するペットとの充実した暮らしを実現してみませんか。

お問合わせはこちら