ブランドについて About Brand

SOU/EXAMについて

SOU/EXAM賃貸物件ブランドでは、もちろんデザインに対して強いこだわりがありますが、“バランス”を重要視しています。物件の「デザイン」と「機能 / 利便性」はトレードオフの関係性にあり、どちらかを捨てて、どちからに振り切ることが多くあります。我々は、”住む”ということを真摯に考え、そのどちらも重要な要素として捉えています。

「かっこいい部屋に住みたいが、機能性・利便性も捨てたくない。家賃が高すぎても困る」という、誰しもが持ちうる理想を追求しています。

設計者の想いがこもったSOU/EXAMの“住まい”を体感して下さい。

土地選定から運用まで、ワンストップで行っていることが可能にする「理想」の追求

  • 土地選定
  • 設計
  • 建築
  • 運用

各フェーズ毎で情報を共有し、改善・アップデートを繰り返すことで、SOU/EXAMにしか出来ない「理想」の追求を実現しています。実際の入居者様のご要望を土地選定・物件開発に直接的に反映することが、改善・アップデートの精度を増す要因となっています。

SOU/EXAMのこだわり

  • デザインに対するこだわり

    デザインに対するこだわり

    SOU/EXAMシリーズではひとり暮らし(単身)からカップルで暮らされることを想定した1R~2LDKの物件を取り揃えています。

    内装の特徴としては

    • コンクリート打ち放しの壁
    • ライトスポットのような照明
    • 大きな窓
    • フラットな玄関から一面に広がるタイル床

    等々が挙げられます。

    これらの特徴は洗練されたデザインを表現しているだけでなく、窮屈になりがちな間取りでも広さや奥行きを感じさせています。

    さらに、“高い天井”や“アクセントクロス”、“柱のない壁式構造”等の様々な工夫も、物件や部屋ごとの性格に合わせたブランドとしての
    「開放感」を重視し1Rや1Kでも窮屈さを感じさせないデザインを追求しています。

  •  機能性に対するこだわり

    機能性に対するこだわり

    デザイナーズマンションではないがしろにされがちな機能性の面では、一般的なマンション以上の”機能”を備え付けています。

    • カラーTVモニター付きオートロック
    • 宅配ボックス
    • 独立洗面台
    • バス・トイレ別
    • 温水便座
    • ウォールフック
    • 物干しアーム
    • 2口コンロのシステムorステンレスキッチン
    • 浴室乾燥機

    さらに、人気条件を備え付けた物件も数多くございます。

    • メゾネットタイプ
    • 防音室
    • ペット可
  •  機能性に対するこだわり

    利便性に対するこだわり

    • 自分が住みたい場所
    • 都内のターミナル駅やオフィス街へ好アクセス
    • 最寄り駅より10分以内
    • 最寄駅から物件までのアプローチ(道順)が、夜女性一人でも歩きやすい
    • 昔より住宅地として整備されてきたエリア(物件周辺は、戸建てやマンション等のある場所)
    • スーパーやコンビニエンスストア、飲食店などの生活利便性施設がある場所

設計者のご紹介

  • 時間とともに価値を高める建物を

    何十年経っても朽ちない”ヴィンテージマンション”となることを目指しています。
    単純な四角い箱の建物をつくるのではなく、陰影のある形状と
    周辺環境に合わせた素材感により、街並みに根付き、街の価値をあげる"色あせない建物"となるような設計をしています。
    スクラップアンドビルドを繰り返すのではなく、古くなったマンションでも価値が上がっていくようなものを提供していくことを、実現したいと思います。

    設計者:山下 朗弘
  • 目で見る。目を見られる。

    建物をデザインする上での基本的な考え方は「デザインは機能に従属する」だと思っています。
    特に機能・デザイン両面において重要な箇所は"窓"だと意識しています。
    窓は建物の目であり、通行人と入居者が『見る・見られる』関係になる場所です。
    プライバシーを保護して、外部からの視線を気にせず安心できる居住空間としながらサイズや配置による陽の当たり方で部屋の雰囲気が大きく変わるよう"入居者が飽きない"工夫を心がけています。

    設計者:後藤 大輔
  • 安心できる住まいを

    建物は街並みを形成しつつ際立たせる外観とし、各住戸は室内をシンプルに、入居者が自ら味付けできる空間としています。
    加えて、昼は自然光で、夜は照明で、その空間をやさしく包むように設計しています。
    建物完成後も弊社賃貸管理部とも日々情報交換しながら、入居者が住み続けていく上で安心できる環境を提供しています。
    街に溶け込み、そして、誇れる居場所に。
    そんな住まいを創っていきます。

    設計者:福石 正幸
  • 住み心地の良い空間とは?

    プランについては動線に配慮して、住まう方が使いやすい形を考えています。またアプローチの照明や植栽で、on⇔offの気持ちの切り替えを促すような工夫をしています。
    外に目を向ければ、周辺地域と緑のつながりを持たせたり、木密エリアに耐火建築物を建てることで安全性を確保したり…、地域の魅力を高めることを意識しています。
    賑やかな都会の生活でも、“ほっとできる空間”。これが問いに対する一つの答えだと思っています。

    設計者:白濵 薫
  • 街と調和する豊かさ

    周りと調和することで、建物に多様な豊かさを持たせるということを常に意識しています。
    街並みやその歴史から、「その場所らしさ」を抽出し、建物に取り入れる。また、もっと直接的に周辺建物の素材を引用したり、借景をしたりするなど、周りの要素を積極的に取り入れることで、それに呼応するように室内にも多様な空間が生まれます。
    そうしてできた豊かな空間が、そこに住む人のアイデンティティとなり、ひいては街全体のアイデンティティとなればと考えています。

    設計者:天野 綾人